不動産の購入では「上物付の土地」と「更地」ではどっちがお得?!

「上物付の土地」は改築や更地にする工事費用がかかるので、見積もりをとり「更地」の価格と比較しましょう。

不動産で売買をされる住宅には新築住宅もありますが、中古住宅と言った物ももちろんあります。
中古住宅の場合にはその築年数により、そのままの状態で販売されていたり、リフォームされて販売されたりと販売形態はさまざまになってきますが、中には「土地」の物件の中に「上物付」と注記されている物件がありますが、不動産で「上物」というのは建物の事ですから、この場合に中古住宅ではなく、上物と記載され、なおかつ「土地」の部類で販売をされているのには訳があり、つまりは「訳あり物件」なのです。
そしてこの「訳あり物件」はその訳ゆえに、普通に「土地」を購入する価格と比べて安価に設定をされています。

ではこの時の訳とは何でしょう。
それはもちろんこの「上物」にあります。
一般的に木造住宅の耐久年数は50年程度です。
それでもそれまでの間にはそれなりの手入れが必要です、例えば瓦屋根の場合には瓦の張替をしなければなりませんし、和室の場合には畳の表替えなどをしなければなりません。
人の住んでいない空き家は荒れると言いますが、人が住んでいても手入れをしていない家は荒れていきます。

最近ではそのように荒れた古民家をわざわざ移築して飲食店にしたり住居にしたりしている人もいますが、この場合の古民家というのは、建築当時にそれなりの資産があり、今ではなかなか手に入らないような立派な梁や柱といった良い材質の資材で建てられた住居であることが必要で、古い住宅の全てがこうした資材で建てられている訳ではありません。
「上物」と注記されているような建物は、中古住宅とは違い、そのまま住むことが困難であるような古い建物が土地の上にある場合に記載される言葉です。

こうした上物付の土地を購入した場合には、その上物に多額の費用をかけてリフォームというよりは改築工事といった大掛かりな工事になると思われますが、それをするか、それともその上物を取り壊し、一度更地にして新しくその上に住居を建築しなければなりません。
改築工事を行う場合には、そのような住宅の場合には基礎工事から行わなければなりませんから新築住宅を1軒建てるよりも高額な費用が必要となる場合もあります。
それでも「ここの柱を利用したい」「この梁を生かしたい」という気持ちがあるのならばそれも良いかもしれません。

また更地に戻して新築住宅を建てる場合にも、まずはその上物を撤去して更地にする費用というものが必要ですので、普通に更地を購入するよりも安価に設定がされていますが、撤去費用がその割安分に見合うかどうかは工事見積もりをとる必要もあるでしょう。
このような費用が発生する事が見込まれますので、不動産ではこうした上物付の土地に関しては「訳あり物件」とされているのです。