価格が安いからといって、競売の不動産に飛びつくのは危険です。

知識のない素人は、競売への参加は控えた方がいいとも言えます。

「訳あり物件」と聞いて思いつく不動産のひとつに「競売物件」というものがありますが、この「競売物件」というのは実際のところどんなものなのか詳しくご存じでしょうか?競売物件となる不動産には大きく分けて二つのパターンがあります。

ひとつは、マンションであれ戸建であれその不動産を購入する為に購入者が住宅ローンを金融機関などから借入をしますが、諸事情によりその住宅ローンの返済が不可能となってしまう、いわゆるオーバーローンになってしまった時に、住宅ローンを貸し出した金融機関はその不動産に対して差し押さえという形をとり、裁判所に対して競売の申し立てをします。
そして競売により売却益を得た金融機関は、支払う事の出来なくなった住宅ローンの残金にその売却益を充当するという形がひとつ、もうひとつは、不動産自体にローンなどはないけれども、何らかの事情で資金が必要となった時に、その不動産に対して抵当権をつけ、それを担保にして借入を行った場合です。

借入をした資金を無事に返却できれば問題はありませんが、資金繰り悪化などで返済不可能となった時には、担保物件だった不動産は競売にかけられ、売却したお金が借入金の返済に充てられます。
この場合には住居だけでなく、資産として保有をしている土地なども担保価値があれば担保にする事もできますので、競売物件には住宅だけでなく、更地や店舗、山林と言った物が含まれるのです。

「競売」はその名前の通りに落札額を競うものですので、最低落札価格といって最初に提示される金額は市場価格よりもはるかに低額に設定されています。
そのために上手く落札をできればかなり割安に手に入れる事ができますので、最近では一般の方も競売に参加をする人もいますが、知識の少ない方の参加は控えた方が良い物件です。

競売物件が「訳あり物件」とされてしまう理由は時折不動産の明け渡しがスムーズに行われない事があるからです。
競売は最低落札額が提示されており、その物件に対して一番高額な金額を提示した業者や個人が「落札者」となります。
そして「落札者」は裁判所の定める期日までにその落札額の金額を支払わなければなりませんが、この競売というのはあくまでも債権者側の抵当権の実行という事ですので、債権者側としては競売物件に人が住んでいる状態のままでも競売にかける事があります。
もちろん競売物件として市場にだされ、正当な手続きで落札されているのですから、退去をしなければなりませんが、退去を拒み居座り続ける人もいるのです。

そうした人たちに対して「立退き請求」などの手続きを裁判所に起こさなくてはなりませんが、その手続きを行うのは落札者となっているのです。
落札者は落札をした時点で決められた期日までに落札額の支払いをしなけばならない義務がある上に、居座り続ける人たちがいる場合には「立退き請求」もご自身または業者で行わなければならないのです。
つまり「お金は支払ったけど、その物件には住むことができない」という状況になるという可能性もあるのです。

もちろん居座り続ける事は法的にも違法となり、請求をすれば法的効力が発揮されますが、そのような物件を落札した場合には落札額の他、手間と費用が掛かってしまいます。
こうした事がありますので、競売物件はいくら価格が安いからといって知識のない素人が手を出さない方が良いでしょうし、また仲介業者から購入をする場合でも入居の有無をしっかりと確認しなければなりません。