訳あり不動産のいびつな土地は活用できるのか?

その形を活かしたオリジナルの家を建てるのもいいですね。

坪単価が市価よりも安く設定されている土地というものがありますが、そうした土地の多くはいびつな形状をした土地です。
住居や賃貸物件、駐車場などどんな用途にするにせよ一番使い勝手がよく、その敷地を効率的に利用できるのは平坦な四角形の土地です。
これは建物の構造を考えれば当然の事で、子供にお家の絵を描いてといったら四角形の家を書くように、基本的な住宅というのは四方を壁が支えるという構造になっているからです。

しかし世の中を見渡してみれば平坦で四角形の土地ばかりではありません。
相続による分筆や区画整理による弊害、もともとその土地の形状などによって三角形であったり五角形の土地もありますし、敷地内に段差のある土地、俗に「うなぎの寝床」と称されるような縦に細長い土地、分譲住宅などによくみられる車一台がやっと通れる延長敷の先に住居スペースがある土地これをその形から不動産用語で旗竿地といいますが、このような土地も中にはたくさんあるのです。

敷地面積に比べて居住スペースが建築できる面積が四角形の土地と比べてかなり制約されてしまいますので「訳あり物件」となり、市価よりも安価で売買をされていますが、こうしたいびつな形状の土地も設計次第で大いに活用をすることができます。
三角形の土地がその形のいびつさから「訳あり物件」として安く購入する事ができたならば、その形を最大限に生かした設計をすれば良いだけです。
建物は四角という概念を取り払い、その敷地に合わせた台形のような建物を建築する事位は今の建築技術では容易な事です。

ただしハウスメーカーの住宅では建物の形状に規制がある場合もありますので、納得のいく設計・建築施工をしてくれる業者を探す必要も出てきますし、どうしても角地はデットスペースとなってしまいがちですが、それでもご自身のオリジナルの住宅が完成するのですから、そこに喜びを感じないはずはありません。
デットスペースは花壇にするとか収納スペースを置くなどの活用方法もあるのですから物は考えようです。
納得のいく設計をして建てた住居ならば、敷地の形が云々という事は関係なくなるはずです。

ただしいくら納得のいく住居を建築したからと言っても、建物自体は築年数によってその資産価値は限りなくゼロに近くなってしまいます。これはどんな建物にしても同様の事が言えるのですが、土地の不動産価値は市場により変化をしていくものです。
それでも、いびつな形状をした土地というのは隣地を買い取るなどしてその形状を変えなければ、市価と同等になることはありません。
だからこその「訳あり物件」といえるという事も認識しておくとよいでしょう。